さて、聞いた話ですが、

口紅1本の重量はご存知でしょうか。

そんなに重くはないですが、1本を使い切るには

毎日塗っても数ヶ月かかりますよね。

 

実は、私たち女性は、一年に平均1本の口紅を「食べている」のだそうです。

 

そのまんま食べるわけじゃありませんが、

口紅をつけたまま物を食べることが多い、

となると、その口紅は?

そう、食べ物や飲み物と一緒に体内に入っています。

要するに、「食べて」います。

そんな訳で、一年にだいたい1本くらいは口紅を食べているのと同じだとか・・・

 

昔、この話を聞いたときはビックリしました(*_*)

 

それまで、口紅の原材料なんて気にしてなかったので(^^ゞ

「食べている」と思えば、意識も変わります。

それ以来、口紅は食べても大丈夫か、を基準に選んでいます。

いくらスッピンが好きでも、せめて口紅くらいはつけていたいので・・・

つい、厳しい目で選んでしまいますね。

 

皆さんは、どんな口紅を選びますか(^O^)

 

 

2013-10-10 14.33.53

シンガポール、セントーサ島

緑のジャングルの中のホテル

自然がいっぱいで、とても良かったです。

 

続きを読む

口紅

皮膚の表面は穴ぼこだらけだってご存知ですか?

拡大すると、まるでクレーターだらけのお月さまのよう。

だから、皮膚にあれこれ塗りつけない方がいいのかもしれません。

また、石鹸洗顔だけでは落ちないような、

わざわざクレンジングしなければならないような化粧品、

吸着力の強いもの(つまり、落ちない・一日崩れない化粧品)は良くなさそう。

 

つけては落とし、更に石鹸や洗顔フォームで洗い・・って、洗いすぎ(^_^;)

何段階にも洗うことで、

皮膚から自然に出てくる皮脂までを洗い落としてしまいます。

そして、乾燥を防ぐため、色々とつけて、また、それを洗って・・・

悪循環のような気がします。

 

私自身は、眉毛を描き足す程度しかメイクってしないので、

ファンデーションを付けるとなると、相当なおお仕事です(*_*)

皮膚呼吸できなんじゃないか、って気がして、

つけている間、気になって仕方がない。

早く帰って落としたいな、って気分になります。

年に数回、塗る機会があるたび、こんな感じです(^^ゞ

石鹸洗顔で落とせるファンデーションを使っています。

使い切れないうちに、1年たってしまうので本当にもったいない。

もっと少量で売って欲しいです。

あんなにたくさんの量を数ヶ月で使いきるためには、毎日塗って、

日中も塗り直すくらい使わないといけませんね。(絶対ムリ)

 

皮膚が穴ぼこだらけなのは、排泄器官の役割を負っているからです。

わかりやすいのが、汗ですね。

皮膚を通して水分を排泄し、体温を調節しています。

暑いとき、寒いとき、気温に応じて広げたり縮めたりして、働いています。

 

ですから、排泄機能を邪魔しないように、あれこれ塗ってふさがない方がいいのかもしれませんね。

 

 

続きを読む

皮膚は排泄器官

完全に近い肌断食に切り替えたばかりの先週、

フト思い立って、皮膚科へ行ってきました。

 

実は私、医者嫌いです。

特に皮膚科は・・・苦手です(^^ゞ

若かりしころ、ニキビが花盛りでした。

皮膚科に通えば治ると信じていたのに、

よく効く薬だと処方された塗り薬が、ステロイド入り・・・

確かによく効きましたが、

塗り続けた結果、徐々に角質層が薄くなり、

過敏でとても弱い肌になってしまいました。

それもこれも、ずっと後になってわかったことです。

 

そんな私が皮膚科に行ったのは、

客観的に今の現状を知りたかったからです。

未だに角質層は薄いのか、弱いのか、皮膚科医の意見をぜひ聞いてみたかった。

で、アトピーの姪っ子が通っていた皮膚科へ行ってみました。

 

何も塗らず、過ごしていると話したところ、

「そんなことする前に、まず、その乾燥を改善しないと」

「日焼け止めは絶対必要」

と言われました。

確かに、皮膚は薄いし刺激に弱そうだとのこと。

 

姪っ子が処方されたのと同じ保湿剤と、保湿効果のある石鹸をもらいました。

 

この保湿剤がものすごいんです。

シュッと一吹き(液状)すると、あ~ら不思議、一瞬でモチモチに潤う。

確かにすごい。

乾燥肌の救世主のようなローション。

 

確かに、乾燥していたので、そのときは納得したのですが、

でも、こんなの(失礼!)シュッてしてたら、これに頼ってしまって、

いつまでたっても肌断食ができない(-_-;)

と思いました。

 

また、UVケアを全くしないで日中過ごすことには、反対されました。

5月の紫外線は真夏並みなのに、

角質層薄いのに、何にも塗らないなんて、と。

5月から9月中旬くらいまでは、特に要注意だそうです。

 

これには、正直心が揺れます。

紫外線の害は重々承知しています。

ただ、紫外線の害と、日焼け止め剤の害、

比べるとどうなのか・・・??

 

これは、個人差が大きくて一概に言えないですね。

何を塗っても別に何ともない人もいるし、

何を塗ってもだいたいハズレ、痒みや湿疹ができる私みたいな人^^;

 

あまりに情報が多いので、こんなときは本当に迷います。

ある人にすごく効果があったからといって、

自分に当てはまるとは限りません。

迷いながら、ときにジプシーしながら、

自分に合うものを探してきましたが・・・

この夏は、思い切って全てをやめることにしました。

健康な生活を送っていれば、抵抗力、再生力もちゃんとあるはず。

少々の紫外線なら、大丈夫なんじゃないだろうか。

そう思うことに決めました(^^♪

 

日焼け止めもつけずに外出・・・

最初はちょっと勇気が要りました。

でも大丈夫!

だんだん慣れてきました。

つばの広い帽子が手放せない夏になりますね(^O^)

続きを読む

久々に皮膚科で診察を受ける