私は「戒名」を持っています(*^_^*)

聖名(ホーリー・ネーム)、出家行者名です。

 

「えっ!何で、生きてるうちから?」と思われるかもしれませんが、

逆に、なんの修行もせず、死んでから名前をもらう方がおかしい・・^^;

死後、お金で名前を買うなんて変ですね。

私は日本の葬式仏教には詳しくないので、

いつ発明されたものなのか、わかりませんが・・・

私が持っているのは、出家(ヨーガ行者)名です。

聖名(ホーリーネーム)とも言います。

修行する上で持っている必要がありました。

 

日本の仏教式にいうと、戒名に当たるものです。

ヒマラヤの中腹にあるヨーガのアシュラムで儀式を行い、

いただいたものです。

 

聖名 Deepankita Devi

Deepaは、祭壇の灯明で、宇宙の光、智慧の光を暗示しています。

Ankitaは、大吉=シヴァ神。

要約すると、

シヴァ神の叡智と共にある智慧の女神という意味です。

 

立派すぎて名前負けしますねぇ(^^ゞ

 

ある先輩から、こう言われました。

 

これは、あなたに内在するアートマー(真我)につけられた名前。

この名前にふさわしい修行をしなければ、

などと、短絡的に考えてはいけないよ・・

 

何だか、救われた思いがしました(^O^)/

どうがんばって修行しても、智慧の女神になれるとは・・^^;

 

折りにふれ、自分の聖名を思い出し、

気持ちを戒めています(^O^)

 

 

ブログランキングに参加しています(^o^)

よかったらポチッと↓↓押してくださいね~
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 穏やかな暮らしへ

にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ

続きを読む

私のホーリー・ネーム

 

私は髪と頭皮の健康のために、

インドのヘナを愛用しています。

出会ってもう20年近く・・・長いおつきあいになります。

 

ヘナとは、インドの乾燥地帯に生息するハーブで

非常に生命力の強い植物です。

葉を収穫し、粉状にして使用します。

インド伝統医学アーユルヴェーダでも

各種ハーブ(薬草)の養生法はたくさん紹介されています。

 

粉状にひいたヘナは髪のトリートメントとして、非常に効果的(^^)

ペースト状にしてから地肌に塗りこんで、頭皮に吸収させます。

頭皮から血管を通じて、全身にヘナの天然成分が回ります。

 

効果としては、

髪や頭皮の健康、美容効果、

睡眠が深くなる、

生理不順の改善、

リラックス効果などなど。

 

私は、昔から髪の毛が細すぎてコシがなく、

しかも天然パーマなのが悩みでしたが、

ヘナに出会ってから、髪の毛質が良くなり、

ツヤとコシが出てきました。

乾燥にも湿気にも強い髪♪

定期的にトリートメントするだけで、

後は何にもお手入れしなくても、

なんと、細すぎた髪も少し太くなってきました。

 

真性のヘナでしたら、黒髪はより黒々となり、

白髪はオレンジ系に染まります。

赤っぽくなる人もあり、

これは毛質、健康度で差が出ます。

ヘナトリートメントでついでに白髪染めもできちゃう♪

ただし、

茶髪にはなりませんが(^^ゞ

 

私はヘナに出会って、一つ老後の心配(白髪対策)がなくなりました(^o^)v

普通の白髪染めは恐ろしくて、やりたくありません(;_;)

環境にも人体にもよろしくありません。

 
白髪染め・毛染め剤には毒性があります。

その代用品としても、

エコでロハスなヘナは優秀です(^_-)-☆

以前は粗悪なヘナ(添加物入)が多く出回っていましたが、

最近では、ネットでもちゃんとしたヘナが入手できます。

 

ヘナは熱い砂漠地帯のハーブなので、

基本的に体を冷やす作用もあります。

夏はひやっとして気持ちいいですが、

寒い時期は、人肌程度に温めてお使いください。

また、ヘナ自体に頭皮を清潔にする効果があるので

シャンプーも必要ありません。

日本人は洗いすぎだ、とインド人専門家が言われていました。

私も同感です(^o^)

(髪も顔も含めて)過剰に洗い落とし、それを補うために何かを塗る・・・

なんか無駄なことを一生懸命(良かれと思ってですが)やっているみたい。
 

ぜひお試しあれ~☆

 

 

ブログランキングに参加しています(^o^)

よかったらポチッと↓↓押してくださいね~
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 穏やかな暮らしへ

にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ

続きを読む

ヘナの魅力

昨日は、ヴェーダーンタのサットサンガに参加しました。

月に一度の大切なライフワークであり、

おおげさに言うと、わが人生で最高のひととき(^o^)

これもおおげさかもしれませんが、これを学ぶために転生してきた、

くらいに思っています。

 

インドでのご縁がつながって、このサットサンガに至ります。

全てはインドが出発点、生みの母です。

聖地カイラス巡礼の前から始めた学びも、少しづつ熟成してきたかな~と思います。

 

インドには、ヴェーダ聖典という聖典群があります。

これは簡単に言うと、究極の真理が書かれた哲学書・宗教書(後半部分)です。

ヴェーダ聖典には作者がいないため、天啓聖典とも言われます。

つまり、人間が作ったものではなく、神から直接もたらされたもの・・・

 

さすが悠久の国、インドですねぇ、言うことが大きい(*_*)

 

さて、この天啓ヴェーダ聖典、解釈により6つの派閥(みたいなもの)に分かれています。

その一つがヴェーダーンタ派です。

不二一元論と日本語に訳されることがありますが、対象物と一元(一つ)である、

という考え方で成り立っています。

(ちなみにヨーガはこれと違い、二元論の上に成り立っています。)

解釈の詳細は、このブログでは書きません。

書ききれませんので・・・概念の文章化もほぼ不可能ですし・・・

文章化すると余計、難解になりそう^^;

関心のある方は、サットサンガへおいでください。

 

私自身は、ご縁があってヴェーダーンタに親しむようになり、

この世の眺め方が変わりました。

とても開放されますね。

ヴェーダーンタに限らず、ヨーガでも他の何であってもいいと思います。

それを知り、信じることで、心が開放され、満ち足りるのであれば、

それは自分にピッタリと合う、素晴らしいものなのだと思います。

自分がいいと思い、信じるものがある幸せ、それからもたらされる充足感。

それがどういう名前を持っていてもいいと思います。

 

たまたま私の場合は、それがヴェーダーンタ哲学だった、

というだけのことです。

信じるものがある幸せを噛みしめています。

 

 

ブログランキングに参加しています(^o^)

よかったらポチッと↓↓押してくださいね~
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 穏やかな暮らしへ

にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ

続きを読む

真理の書・ヴェーダーンタ