冬の朝日

冬はつとめて(早朝)。
雪の降りたるは言ふべきにもあらず、霜のいと白きも、またさらでもいと寒きに、火など急ぎおこして、炭持て渡るも、いとつきづきし。昼になりて、ぬるくゆるびもていけば、火桶の火も、白き灰がちになりてわろし。
 ~ 枕草子より抜粋 ~

 

平安時代の才女・清少納言は冬は早朝がよいと書いています。
寒かったでしょうね。エアコンもニットのセーターもなかった当時は、寒さは耐え忍ぶしかなかったはず(^_^;)
昔の人はタフで寒さに強かったのかな。

 
現代に生きる凡人の私も、冬の早朝は気持ちよくて大好きです。
今日の朝日は素晴らしかったですよ(^o^)

Jpeg

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 穏やかな暮らしへ

にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ

スポンサードリンク

コメントを残す