「世界の美しい本」

 

↓名古屋の美術館ショップで見つけた「世界の美しい本」。
以前から気になっていた「ベリー公のいとも豪華なる時祷書」が集録されていたので、ちょっと高いけど買っちゃいました。
他にもロレンツォ・デ・メディチやウルビーノ公の時祷書もあってワタクシ的にはツボです(*^^*)

 

ベリー公のいとも豪華なる時祷書
↑中世の装飾写本の最高傑作として名高い本(羊皮紙206葉)。
紙の普及以前には、こういうものが使用されていたのですね。
パピルスが入手できない地域では羊皮紙類が用いられていました。
動物の皮の加工品なので、厳密に言うと紙ではないです。
本とは、相当なお金持ちでないと所有できない贅沢品だったんですね。 

にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 穏やかな暮らしへ

コメントを残す