肌断食4ヶ月目 洗いすぎが乾燥の元

完全肌断食に入って4ヶ月目です。

暑い夏の強烈な日差しのもとでも、何にも塗らない、を貫いております。

日焼け止めを塗らないので、外出時には、つば広の帽子をかぶります。

道路からの照り返しもあるので、多少日焼けしたかもしれませんが、

直射日光を浴びなければOKなんだそうですよ。

皮膚には再生能力がありますし、

紫外線よりも、日焼け止め剤の害の方が問題だと思います。

長時間の外出とか、おしゃれをするときなどは、

たまにパウダーを軽くはたくこともあります。

(スッピンでディナーに行けるほどの断食効果はまだ・・)

パウダーをブラシにとって軽くお肌に乗せる感じです。

もちろん、下地とか何もなしで、パウダーだけです。

夜は普通にぬるま湯洗顔します。

パウダーを何かで完璧に落とす、ということはお肌に悪いので、しません。

お肌が健康であれば、徐々に落ちてゆきますし、問題ありません。

ゴシゴシ洗い流すことよりも、

皮膚に何を乗せるか、の方が問題なのです。

お湯洗顔で残っても、皮膚の負担にならない成分のものがいいですね。

私も最初のうちは、もっと洗いたくてウズウズしましたが、

断食を続けるうちに、洗いすぎが乾燥の元なんだ、と納得がいくようになり、

洗い残しもOK、と思えるようになりました。

お試しあれ♡

スポンサードリンク

コメントを残す