真理の書・ヴェーダーンタ

昨日は、ヴェーダーンタのサットサンガに参加しました。

月に一度の大切なライフワークであり、

おおげさに言うと、わが人生で最高のひととき(^o^)

これもおおげさかもしれませんが、これを学ぶために転生してきた、

くらいに思っています。

 

インドでのご縁がつながって、このサットサンガに至ります。

全てはインドが出発点、生みの母です。

聖地カイラス巡礼の前から始めた学びも、少しづつ熟成してきたかな~と思います。

 

インドには、ヴェーダ聖典という聖典群があります。

これは簡単に言うと、究極の真理が書かれた哲学書・宗教書(後半部分)です。

ヴェーダ聖典には作者がいないため、天啓聖典とも言われます。

つまり、人間が作ったものではなく、神から直接もたらされたもの・・・

 

さすが悠久の国、インドですねぇ、言うことが大きい(*_*)

 

さて、この天啓ヴェーダ聖典、解釈により6つの派閥(みたいなもの)に分かれています。

その一つがヴェーダーンタ派です。

不二一元論と日本語に訳されることがありますが、対象物と一元(一つ)である、

という考え方で成り立っています。

(ちなみにヨーガはこれと違い、二元論の上に成り立っています。)

解釈の詳細は、このブログでは書きません。

書ききれませんので・・・概念の文章化もほぼ不可能ですし・・・

文章化すると余計、難解になりそう^^;

関心のある方は、サットサンガへおいでください。

 

私自身は、ご縁があってヴェーダーンタに親しむようになり、

この世の眺め方が変わりました。

とても開放されますね。

ヴェーダーンタに限らず、ヨーガでも他の何であってもいいと思います。

それを知り、信じることで、心が開放され、満ち足りるのであれば、

それは自分にピッタリと合う、素晴らしいものなのだと思います。

自分がいいと思い、信じるものがある幸せ、それからもたらされる充足感。

それがどういう名前を持っていてもいいと思います。

 

たまたま私の場合は、それがヴェーダーンタ哲学だった、

というだけのことです。

信じるものがある幸せを噛みしめています。

 

 

ブログランキングに参加しています(^o^)

よかったらポチッと↓↓押してくださいね~
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 穏やかな暮らしへ

にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ

スポンサードリンク

コメントを残す