ヘナ インドの思い出など

 

なんだか今週はヘナ特集になってしまいましたが、

せっかくの機会なので、お話させていただきますね☆

 

ヘナの歴史は古く、

古代エジプトの女王クレオパトラは、ヘナで爪を染めていたとか。

自然なものなので色が付くには時間はかかりますが、

確かにマニキュアっぽくなります。

女性のおしゃれ心は、昔から変わりませんね(*^_^*)

 

また、インドでは、

ヘナで体(主に手)をペイントするのが伝統的なおしゃれ。

メヘンディアートと言います。

最近では、お手軽メヘンディアートがあり、

街角で簡単にできます。

これは、すぐ色がつくので、ヘナではないですが。

数年前南インドへ行った時、街で見かけました。

手のひらにスタンプを押すようにペタッと(^o^)

ヘナっぽいけど一日で色が落ちるらしい。

 

伝統的なメヘンディアートといえば、

花嫁さんのがすごいです(^^)v

手の平から腕全体を覆うようなゴージャスなペイント☆

それはそれは華やかです。

ヘナは温度に反応しますので、

体温が高いか、低いかで色の出方が違います。

人によって微妙に色合いが違い、

それもまた天然ならではの面白さです(^O^)

 

私自身は、インドでもメヘンディアートは未体験・・

だって、やったら最後、何日も、

場合によっては半月くらい取れませんから・・

色が白いので

ものすごい派手になるな~~

と、二の足を踏んでしまいます(^^ゞ

あれは、インド女性の濃い肌にこそ

きれいに映えるものですね。

地産地消じゃないですが^^;

その土地の文化は、

その土地の人に一番合う・・・

 

最後になりましたが、

ヘナは暑い乾燥地帯の植物です。

日本の寒い冬には湯煎してから、がおすすめです。

また、デトックス効果もあるので

妊婦さんの使用は基本的にできません。

ヘナの広い世界は、正しい知識とともに

お楽しみくださいませ(^_-)-☆

 

 

ブログランキングに参加しています(^o^)

よかったらポチッと↓↓押してくださいね~
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 穏やかな暮らしへ

にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ

スポンサードリンク

コメントを残す