いいかげんな加減で

日本語は、素晴らしい言葉。
そして実にうまくできている、と思います。

例えば・・・「いいかげんな、いい加減」

これは昔、ある整体の達人の先生から教わりました。「あなたに必要なことだよ」と。
当時の私は、この加減がわからずストレスでいっぱいでした。

車のブレーキに少々の緩み、いわゆる遊びの部分があるように、自分の中に、適当・ほどほどな加減が必要、という意味です。

ピン!と張りつめ過ぎではブレーキがうまく機能しないように、心も、少々緩めた方が疲れませんね(*^_^*)

言葉で言ってしまえばこれだけの簡単なこと。

ですが、実践しなければ何にもなりません。

若い頃は、頭でわかっていても、うまくできませんでした。

何でも、直球でまともに受けすぎてヘトヘト・・(^^ゞ

年の功とでもいいましょうか、年齢を重ねるとエネルギーが落ちる分、やむを得ず・・・だんだん、いい加減が上手くなりますね。
ゆるんだ自分を許せるようになり、人のことだって許せるようになります。

自分に甘く、ひとにも甘く!!

いいかげんないい加減でいきましょう(^_-)-☆

 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 穏やかな暮らしへ

にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ

スポンサードリンク

コメントを残す