インドのル・コルビュジェ

国立西洋美術館が世界遺産に登録される見通しとなりました。
ル・コルビュジェによる自然光を採用した美しい美術館です。
懐かしいなぁ~学生時代、この付近でバイトをしました。
 
ル・コルビュジェは近代建築の巨匠でサヴォア邸などが有名ですが(何と)インドにもル・コルビュジェによる作品があります。
インド北部の主要都市チャンディーガルは、町全体がル・コルビュジェの作品!と言ってもいいでしょう。
ここは、インドでは珍しく都市計画に基づいて造られた町で、一言でいうと、インドっぽくない町^^;
雑然としているインドにあって異彩を放つ、整然とした碁盤の目状の道路にまずビックリ。
広~いラウンドアバウト内で寝そべっているおじさんや牛がいなければ、まるで欧州かオーストラリア?
建築を志す学生さんやル・コルビュジェのファンには有名な町らしいです。そんな芸術作品の中にいたのに、さっさと寝てしまって、もったいないことをしました。
インドに通っていた時代の良き(?)思い出です。
P1020088
↑↑チャンディーガル(2009年6月)
バスの中から適当に撮ったのでイマイチですが、インドでは珍しい整然としたラウンドアバウトです。
 
昔は首都デリーからチャンディーガルまで、バスで一日がかりでしたが、今では道路が良くなったのでもっと早く着くでしょう。
チャンディーガルを出てマンディあたりまで行くと、もうヒマラヤの麓です。
TVのニュースでル・コルビュジェの名前を聞いて、今日は久しぶりにチャンディーガルを思い出しました。
 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 穏やかな暮らしへ

にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ

スポンサードリンク

コメントを残す