久しぶりに肌断食のお話。乾燥が気になるときは

乾燥してますね。年のせいか(?)手が乾燥してパリパリしてます(^o^;)

完全な肌断食を決行してから早3年。何もつけない、何もつけていないから落とす必要がなく、水で洗顔するだけ。髪の毛から全身同じ扱いです。

年ごとに肌が健康を取り戻している感じです。さすがにこの時期乾燥しますが、ここで負けてはいかん。と気を引き締めています。

乾燥する→クリームをつける→クリームに含まれる化学物質により表面は潤うが、中は更に乾燥し、クリームが手放せなくなる・・・・という負のスパイラル。

どうしても気になるときは、白色ワセリンを薄くつけます。ワセリンの成分は皮膚への影響が少ないので、たまに使っています。注意点は、これをスキンケア感覚で習慣的に使う=タブーってコト。肌本来の潤う力を邪魔するのでダメですね。肌断食する意味がなくなってしまいますので、本当に、気になるとき限定での使用です。肌断食生活3年で、サンホワイト(チューブ入り白色ワセリン)50グラムをほぼ使い切りますが、一年目はカサカサがひどく、これが頼りでした。挫折することなく、これ一つで乗り切れました(*^^*)

あとは、体の自然な力に任せて放置→細かいところは気にしない→小学生レベル。楽ちんそのもの、コストもかからないし、いいことだらけです。

 

にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 穏やかな暮らしへ