私、更年期世代です。

同級生の多くは、そろそろ、生理がないとか、不定期になっちゃって~と更年期まっさかり。

ほとんど他人ごととして聞いていました。

 

超健康体で、生理も順調、全てが快調でここまでやってきましたが、

それでも、そろそろかな~~

世代的には、もう更年期いえ、バッチリ更年期なので(^^)v

今のところ、何の症状もありませんが、覚悟はしています。

 

以前、こんなことがありました。

Aさん(ヨーガ教室の生徒さん)は精神的なコントロールがうまくいかず、

悩んでおられました。

更年期障害かも、と自覚されていました。

家庭でのささいなことにカッとなり、言わなくてもいいことをつい言ってしまったり、

家族は遠慮がありませんから、売り言葉に買い言葉でけんかになることも・・・

家族(特に子ども)との関係が、うまくいかないと悩んでいらっしゃいました。

悩みを話しながらも、目に涙があふれてきます。

 

いくらわが子とはいえ、もう成長した子は立派な大人ですし、

小さな子どもにだって、プライドはあります。

こんなことを言ってはいけない、

こんなことをしたら逆効果だ、

頭ではもちろん、ちゃんとわかっています。

わかっているのに、口から出てくる言葉を止められない・・・

自分で自分の心をうまく収められないことが、彼女の苦しみの元でした。

 

体のどこが悪い、ということではなく、簡単にいえばホルモンのアンバランス、

更年期世代の女性の精神は、とても敏感になっています。

私は、そんな女性にこそヨーガや気功のような、

心に働きかける健康法をおすすめしたいです。

ベストは、呼吸法や瞑想。

グラグラと揺らぎやすい心を、しんと静かに鎮めてくれます。

難しく考えずに、ゆっくりと息を吸って吐く、

これだけで、自然と気持ちがゆったりとしてきます。

 

ヨーガを味方に、明るく楽しく更年期を乗り越えたいと思います(^^)v

そんな意味で、

VIVA!更年期☆

WELCOME!更年期(^_-)-☆

続きを読む

VIVA!コーネンキ(^_-)-☆

私はかれこれ10年ちょっと

クラシックバレエを趣味にしてきました。

インド修行へ行くたび、また、何かあるたび中断したので

延べにすると長いですが、

真剣に取り組むようになってまだ数年です。

技術はともかくとして、

最高にワクワクするライフワークです\(^o^)/

出会いは、メルマガにも載せましたが、

まったくの偶然です(^_^;)

 

バレエを始めたものの、

先生は伸び盛りのジュニアの子の指導が中心で、

私のような大人の初心者は

どうしても隅に追いやられる感があり・・・

この年齢からではムリなのか・・?

すっきりしないまま何年も過ごし、

縁あって、現在の先生に巡り会いました。

私より一回り若いC先生です。

 

大人になってから始めるバレエは、

指導する先生やスタジオ方針にもよりますが、

初歩からしっかりと、

そして真剣に指導してくれるところは

本当に貴重!!

 

大人の指導はホント難しいと思います。

トウシューズで楽々踊れる経験者から

運動歴ゼロ、体カチカチの初心者まで

レベル差が大きすぎる。

レベル別にクラス分けしても、

まだ差が大きかったりする。

入会しても続かない人も多いし、

経営面だけ考えたら、

あまりアレコレ言わず、

適当なところでお茶を濁す、のが普通です。

 

初心者さんほど、自分の体がわからないから、

先生からそう言われると、

私できてるんだ、と勘違いしてしまいます。

で、そこから進歩できずに何年もたってしまう・・・

というコワイ例をいっぱい見て来ました(^^ゞ

 

オトナのプライドを尊重しつつ、

まだまだよ、と正しい方向へ導いてあげる、

これが大人クラスの指導で大切なポイントでしょうか。

教わる側も、そんな心遣いを汲んで、

素直に受け入れる気持ちが大事だと思います。

 

 

2013-05-13 07.19.15

発表会の合同練習、姪っ子と。

姪っ子(中1)と同じ舞台に立ちました。

この子のオムツを替えたり、お風呂に入れたり・・・

ちょっぴり母気分なので、感慨もひとしお。

続きを読む

クラシック・バレエ LOVE♡

年がバレますが、インストラクター歴25年(^^ゞ

エアロビクス時代は、ハデハデなレオタードを取っ替え引っ替え、

ファッションショーみたいな日々を送っておりました。

ずいぶんと、いろんなデザインのレオタードを着ましたねぇ・・・(遠い目・・)

青春の懐かしい懐かしい思い出です(*^_^*)

その後も、レオタードは私の日常着。

ストレッチ性最高で、動きやすいので手放せません。

気功やヨーガ指導でも、レオタードの上にTシャツ、

ピチっとしたフィットネスウェアが多いです。

要するに体のラインがバッチリ出る格好・・・(^^ゞ

私にとって、楽ちんな日常着です。

 

 

で、体重はほとんど測りません。

理由は、面倒なのと、

数字に重きを置いていないから、です。

 

 

体は生ものですから、コロコロ変化します。

体重も、時間帯により、食べたものや気候の影響により、

小さく変動するものです。

ちょっと増えたかな、というときは確かに微増しているし、

変化は体重計に乗らなくてもわかります。

だいたいこれぐらい、と把握する程度で十分だと思います。

 

 

問題発言かもしれませんが・・・

 

 

更年期&大人世代は、少々体重があったっていいじゃないですか合格

 

 

いまさら、婚活するワケじゃなし

 

 

・・・あ、ピチピチの若い方、婚活中の方は読まないでくださいね(^_-)-☆

 

 

いまさら、ビキニを着るワケじゃなし、

 

 

・・・着る予定の方は、体重大いに気にしてくださいませ(^_-)-☆

 

 

大人の女性は、体重計に翻弄されちゃイケマセン。

体重計は、乗って、利用するだけ!

 

◯◯キロ、という数字よりも、見た目!!

 

見た目、引き締まって見えればOKビックリマーク

 

引き締まって見えるためには、体のグレードUPが必須です。

★筋肉を鍛えること

★むくみ、冷え、便秘体質の改善

★生活習慣、食生活の見直し

 

数字より見た目重視でいきましょう~~ドキドキ

 

2013-04-15 06.17.35-2

 

仙人が住むという不思議な島

瀬戸内海の仙酔島にて(2013年春)

この岩の内部の波動は強烈でした。