あとちょっとだ♪と思うと、松葉杖ともさっさとお別れしたいはずなのに、名残惜しいような・・・(?)この頃では、階段の上り下りと、10歩以上の連続歩行のときしか使わなくなりました。松葉杖を使った方が姿勢の崩れが少なく、後のダメージも少なく済むようです。
その際、肩甲骨を下げて広げ、上腕三頭筋(二の腕)などもうまく使えると、トレーニングにもなって一石二鳥。
背骨や腹筋との連動がポイントかな。
変な姿勢で余計な歪みを作りたくありませんので、骨折しても、松葉杖でも、それなりの意識は必要、もちろん、こんなときにできること自体少ないですが・・・

さて、うちの夫が頚椎の椎間板を痛めてしまい、整形外科での治療が始まりました。
私も通院している整形外科なので、土曜日は一緒に通っています。
私の治療はゴールが見えてきましたが、夫の方はしばらく通院することになりそうです。
夫婦揃って整形外科通い、まるで老夫婦みたいだなぁ・・・

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 穏やかな暮らしへ

にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ

続きを読む

まるで老夫婦みたい

九州では大雨、こちらも朝方はかなりの降りでした。
傘をささないとびしょ濡れになるので、松葉杖を置いて仕事にでかけました。骨折している右足は、かかとだけを着地してひょこひょこ歩く感じで、もうそれほど松葉杖に頼らなくてもイケます(^o^)v
できることが少しづつ増えてきて嬉しいです。

普段は元気いっぱいなので忘れていますが、そういえば私はケガが多い人間です。
高校生のときの鎖骨骨折(交通事故)に始まって、ムチ打ち(これも交通事故)もやったし、足はヒビを入れたり、メスを入れたり・・・腓骨を疲労骨折しかけたこともありました。
特にエアロビクス時代は、常に腰痛を抱えていたし、体には無理ばかりしていました。
若いころは、がむしゃらで、突っ走っていたなぁ・・(→ほろ苦い思い出)
転んでは起き、また転び、の繰り返しを通して、正しい体の使い方、体の仕組みを学び、自分に欠けているものを知り・・現在に至ります。
痛くて眠れない、なんていうケガを負ったこともありましたが、動くことが大好きなので、やめようとは思いませんでした。

結論
運動していて良かった♡
いいコトだらけです。
○生活も、体型もメリハリ。
○運動していると健康的な生活習慣も身につく。
○新陳代謝、アンチエイジング、美容効果、血行改善などなどゲット。
一番いいと思うのは、明るく元気な思考回路になること!
クヨクヨ、ネチネチってのはイヤですねぇ、梅雨空みたいにジメジメしていて・・・人生カラッと明るくなくっちゃ。
さ~て、今日もストレッチとリハビリをして寝ます。
おやすみなさい♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 穏やかな暮らしへ

にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ

続きを読む

カラッと明るくいこう!

今週からリハビリの内容が変わり、痛くない範囲なら伸ばしてOK、と許可が出ましたので、せっせと励んでおります。
クリニックで教わったリハビリは、要するにターゲットを絞ったアイソメトリックスとストレッチで、「これなら自分でできるなぁ」と、自宅でやっています。
今週はリハビリ通いはちょっとお休みさぼり
今までブレーキをかけながらやっていた前後開脚など足首や甲もかなり伸ばすストレッチ、足の指を使う(バレエの)エクササイズも、様子を見ながら再開しました。
リンパがよく流れて、とても気持ちいいです♪

今週は素晴らしいニュースがありました。
英国ロイヤルバレエ団の平野亮一くんと高田茜ちゃんが最高位のプリンシパルに昇進!
同バレエ団は気品ある「ロイヤルスタイル」を旨とし、高い人気を誇る、世界最高峰のバレエ団の一つです。
このバレエ団の最高位に登りつめる=天才、といっても過言ではないでしょう。
芸術監督のケビン・オヘア氏のコメントです。「2人は並外れた才能を持ち、我々の作品の芸術性を高めてくれた。更なる活躍に期待している。」
平野くんは、ローザンヌ国際バレエコンクールから注目しておりました。ダイナミックさと繊細さを併せ持つダンサーだと思います。
ロイヤルのプリンシパルといえば熊川哲也、吉田都が有名でした(既に引退)→この2人は別格。天才です。
これで日本人のプリンシパルは4人に!
次は、崔由姫ちゃん(現在ファーストソリスト)もプリンシパルに昇進できるといいな♪彼女が踊ったドン・キ(キトリの友人役)は素晴らしかったです。音と踊りが小気味良くピッタリとはまり、実に正確かつチャーミングでした。
日本人ダンサーの更なる活躍を楽しみにしています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 穏やかな暮らしへ

にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ

続きを読む

日本人プリンシパル誕生