完全肌断食は順調に進んでおります(*^_^*)

朝晩、水で洗顔するのみ、まったく何もつけない生活で、

化学物質の影響が薄れたせいか、乾燥もしなくなってきました。

最近、「非接触生活」という考え方があるのを知り、

これを実践する研究会にも参加しています。

これは、一般に流通している洗剤や化粧品で

全く何もトラブルがない、という、

皮膚が丈夫な人には関係ない話なので、

スルーしてくださいね~

非接触生活研究会のメールからの抜粋です。

興味のある方は、参考までにどうそ。

「私たちの身の回りは、

安定性・低刺激性に優れた化粧品、

洗濯を繰り返してもやわらかさの続くタオルや衣類、

落ちにくい抗菌仕上げをした日用品など、

快適性を追求したものであふれています。

ところが、その快適性は

すべての人にもたらされているわけではありません。

残念ながら、化粧品や洗濯洗剤、

さまざまな日用品に施されている抗菌加工や柔軟加工によって、

肌に異常や変調をきたしてしまう人々がいるのです。

多くの人は問題なく使用できているため

その存在は見落とされがちですが。

肌トラブルの原因を探るうえで

『化粧品や日用品に、肌を傷める刺激物質が含まれている』

という事実を無視することはできません・・・

多くの人が当たり前のようにしている

化粧、洗顔、入浴、洗髪、洗濯……。

これらの行為の中に

肌の健康を損なう要素が含まれていることを、

「肌が弱い」「長期間肌トラブルに悩んでいる」という方に

知っていただきたいと思っています。

肌の変調は、身体から発せられたサインです。

皮膚という器官のしくみ、

皮膚生理についての知識を持つことで、

自分の肌を守ることができます。

これまで長期間、

原因のわからない皮膚トラブルに悩んできた方、

何をしてもよくならず希望を失っている方に、

健康な素肌を取り戻し、笑顔で前向きに生活してほしい──。

そんな願いを込めて・・・」

次回に続きます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 穏やかな暮らしへ

続きを読む

肌断食と非接触生活

寒い日が続きますね。

暖かいここ浜松でも、今週はうっすら雪が積もりました(すぐ溶けちゃいましたが)。

腰痛持ちや肩こりさんにはつらい季節です。

寒さでどうしても運動量が減り、代謝がにぶくなり、症状が改善しない・・・と悪循環に。

教室にも、そんな悩みをお持ちの方がおいでになります。

寒さは人体にとって大きなストレスです。

関節や筋肉も固まりやすく、ほぐれるのに時間がかかります。

無理をせず、急激な動きで痛めないよう気をつけましょう。

 

すぐできる解決策として

①腕を上にぐ~んと伸ばして、伸びをする。

寒いと身体が自然と縮こまり、血液や老廃物の循環を妨げてしまいます。

家事や仕事の合間、日常生活で実践してみましょう。立っても座っていてもOKです。

②ポイントを暖める

首、お腹、手首、足首を暖めると全身の血行も改善されます。

くびれて細い場所は、冷えやすい場所なのです。

たとえば首にマフラーを巻くと、一枚余分に服を着たような保温効果があるそうです。

私は冬はソックスは2枚重ね、お腹には腹巻を欠かしません。

冷えると免疫力が低下し、風邪も引きやすくなりますのでご注意を。

③早寝早起き

寒い季節は睡眠時間を多くとるのがいいようです。

睡眠中に分泌されるホルモンで疲労も回復されますので、質のいい睡眠をとりましょう。

ブログランキングに参加しています(^o^)

よかったらポチッと↓↓押してくださいね~
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 穏やかな暮らしへ

続きを読む

寒さを乗り切るコツ

肌断食5ヶ月目が終了し、6ヶ月目に入りました。

最初のころの肌荒れ(乾燥やゴワゴワ感)は徐々に収まり、まだまだ完璧とは言えませんが

気にならなくなりました。

お肌が荒れて思い通りにならないのは仕方のないことなので、そこは諦めることです。

鏡で毎日チェックしても変わり映えしませんので、鏡はしばらく見ない覚悟で(^^)

長年の肌質もあるし、なにしろ根本的に変えたいために、栄養源というか保湿源を断っているので

拒絶反応が出るのは仕方がありません。

ちょっと肌断食して、1ヶ月かそこらで夢のようにきれいになるなんて、あり得ません。

これが若い子なら回復力があるから、そんなこともあるかも、ですが、

中年の私にはムリ・・・コツコツと続けるだけです。

遠目にみるとわかりませんが、お肌がガサガサとウロコみたいになっております^^;

うっすらとで、気にするほどでもありませんが、

乾燥とも違うようで、まあ、肌荒れかな~

これも気にせず放置です。

時間がいずれ解決してくれるでしょう。

 

お肌は内臓の鏡、と言いますが、まさにその通りだと思います。

口から入る飲食物&精神状態で、全身が作られています。

体のどこかが不調ということは、飲食物の量や質の間違いか、心のあり方に問題があるのです。

皮膚は、プラス、何を塗ったか、ですね。

シンプルに捉えると、物事が簡単に思えてきます。

自分の場合は何が問題だったか、というと、ズバリ顔に余分なものをつけたせいです。

過去のステロイド離脱も関係あるし、薄く弱い皮膚にもそもそも問題があるし・・・

(昔の自分の無知さが悔やまれます。)

ブログランキングに参加しています(^o^)

よかったらポチッと↓↓押してくださいね~
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 穏やかな暮らしへ

 

続きを読む

肌断食6ヶ月目